teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 私の移住史(3)
  2. 日系社会(28)
  3. アマゾン・ニュース(2)
  4. 売りたし、買いたし、譲りたし(4)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: 凄い日本人たち① 武田惣角(その3)

 投稿者:池月映  投稿日:2017年10月21日(土)10時27分14秒
返信・引用
  > No.47[元記事へ]

津本陽氏の「鬼の冠」の内容ですね。しかし、前半生の妻、友人、地元関係者がないので調べてみました。戸籍から惣角は双子兄妹、目の不自由な妹を世話して強くなった。御式柔術、武芸18般は隣りの藩士から教えられ、孫娘は惣角の妻になった。合気は隣村の修験道易者から気合術(気合・合気)を学び合気柔術を創始しました。史実は子孫の代で美化された面もあり、会津坂下町の人物紹介は訂正され、顕彰碑が建つといいですね。

ちなみに、合気の由来は近年国会図書館が公開した気合術4文献に、気合と合気の説明があります。
修験道は口伝の掟があり明治に廃止になったものの、掟も緩和され明治後期、大正時代に文献が発表されるようになりました。昔から修験や忍者が鍛錬していました。

津本先生は佐川幸義の3作目「深淵の色は」をネットで発表中、すべての謎が解けるでしょう。

http://www.ikezuki.sakura.ne.jp

 
 

思いつくままに(2369)

 投稿者:目宇出臼  投稿日:2017年10月20日(金)17時28分40秒
返信・引用
  『認知症をつくっているのは誰なのか』リンクより

認知症は国・製薬会社・医学界が手を組んでつくりあげた幻想の病だという。

2004年に認知症という病名が厚労省によってつくられた。
厚労省によると現在日本の高齢者の7人に1人が認知症だとされ、10年後には高齢者5人に1人が認知症になるとされている。
厚労省は「早期受診、早期診断、早期治療」が大事だとキャンペーンを行い、一方で「進行を止める薬がある」とPRしている。
介護の問題はつきつめれば認知症の問題となり、認知症の問題はつきつめれば薬害の問題となる。

認知症と診断されれば抗認知症薬が投与される。
抗認知症薬には副作用がありそれを抑えるために向精神薬が投与される。
そのことで老人は本物の認知症にされてしまう。
厚労省の調査では2012年の認知症は462万人。
それが2025年には700万人になるとされる。

なぜ認知症が増えているのか。
第1に認知症の診断がでないと介護保険が使えないので家族が申請するためである。
第2に家族や社会が「老いとは何か」をわからなくなってきていることがある。
かつては認知症とはいわず、痴呆症とかぼけといっていた。
ぼけるとは「耄碌した」「お迎えが近い」という、年をとるとだれでもなるふつうの状態であった。
痴呆は差別的だという理由で、厚労省が決めた認知症という言葉に変えられた結果、ぼけは病気あつかいされるようになった。
認知症とは、老いていく自分を認めることができなくなった老人が、障害による機能低下や人間関係の変化などをきっかけに起こす「自分との関係障害」だというのは、理学療法士の三好春樹である。

老人はだれでも入院すると一過性のぼけ状態になるといわれる。
それゆえ認知症の多くは脳の病気ではない。
本当に脳の病気と加齢によるぼけの人の割合は2対8といわれる。
ぼけが「認知症」と命名され、老いもまた市場原理主義のターゲットにされているのだ。

安倍首相が「G8認知症サミット」で、「日本は新たな認知症の国家戦略を策定する」と発表したことをうけて、2015年より「認知症施策推進総合計画=新オレンジプラン」が打ち出された。
これは在宅の潜在的認知症老人を探し出して、認知症疾患医療センターへ送り込んで治療に結びつけるという「認知症狩り」である。

認知症の薬には大きく分けて2種類ある。
認知症には中核症状と周辺症状がある。
中核症状の薬と周辺症状の薬である。
中核症状は記憶障害・見当識障害・実行機能障害などである。
周辺症状は徘徊・暴言・暴力・失禁・不潔行為・食行動異常・昼夜逆転・幻覚・妄想と言った問題行動である。
中核症状は認知症になるとだれにでも出るもので、進行にともなって深刻化する。
周辺症状はだれにでも出るものではない。
中核症状に対しては抗認知症薬を、周辺症状に対しては向精神薬が使われる。
抗認知症薬(アリセプト等)は「進行を遅らせる薬」とされている。
抗認知症薬は1年ぐらいは進行速度を弱めるが、その時期を過ぎたら効かなくなる。
それ以上に副作用が存在する。易怒という病的な怒りを引き起こす。
老人が認知症薬を飲むと暴れはじめるという報告は枚挙にいともがない。
薬を止めたら落ち着いた、飲んでも飲まなくても変わらない人もいる。
薬剤性認知症が認知症全体の相当数になると思われる。

問題行動の8割くらいは薬害ではないか。
大事ことは記憶や見当識に障碍をかかえた老人でも、普通に暮らせるよう支援していくことである。
入院と薬づけがぼけを深刻にする。介護老人が興奮したり暴れるたりするのは、介護に対する不満が怒りとして出ていると考えるべきだ。
よいケアとはお年寄りがイヤがることをしない、トイレの失敗などで恥をかかせないということ。
高齢者を隔離しない。
縛らない。
薬づけにしない。
老いのリズムと時間につきあい、孤立しやすいお年寄りと、その家庭とに付き合う。

人は「できる自分」と「できなくなる自分」を精神的にも肉体的にも「行ったり来たり」しながら老いていく。
自立して暮らしていた人が、人の手を借りながら生きていく。
多くの人は今までの自分から新しい自分に移行できなくて混乱する。
そこにどうつきあい支援していくかが介護現場に問われている。
ところが日本では移行期の混乱を薬と訓練で乗り切ろうとする。
そうした自立支援の考え方は間違っている。
自己責任支援ではなく、自己決定支援が大事である。
老いや障碍があっても、自分らしく生きていくことを応援するのが介護であると、著者らは論じている。
 

思いつくままに(2368)

 投稿者:目宇出臼  投稿日:2017年10月19日(木)18時52分41秒
返信・引用
  あなたの体の動きはどのぐらいの若さでしょうか?
男性、女性とも挑戦してみましょう!

閉眼片足立ち
腰に両手をあて、眼をつぶって片足で立つ。
そのままの姿勢で何秒立っていられるか?
手を腰から離したり、足の位置がズレたらアウト!

秒     肉体年齢
60秒以上 30代
40秒以上 40代
30秒以上 50代

片ひざ屈伸片方の足先をつかんで立ち、ゆっくりしゃがむ。
曲げている足のひざを立っている足のかかとにつける。
また元の姿勢に戻す。
何回続けられるか?

男性
回  肉体年齢
15 30代
10 40代
5  50代

女性
回  肉体年齢
10 30代
5  40代
2  50代

体の動きの切り替え次の順序で間違えずに何回繰り返せるか?
1.跳んで開脚、手を横に開く
2.跳んで閉脚、手を下ろす
3.閉脚のまま跳んで手を横に開く
4.跳んで開脚、手を下ろす
5.跳んで閉脚、手を横に開く
6.閉脚のまま跳んで手を下ろす

脚抜き
両手を組み両手の中に片足ずつ脚を入れる。
元の姿勢に戻る

30代男女両足を抜いた後、両手を組んだままお尻から背中にぬき、元の位置の戻す
40代男女両足を抜き、次に片足ずつ入れて元の位置に戻す
50代男女片足だけぬいて、次に入れ、元に戻す

息こらえ
1秒に3回ぐらいのテンポで足を床から10cm以上上げてその場で駆け足。
1分間走り続けたらすぐに座り、大きく息を吸い込み、息を止める。
何秒間、息を止めていられますか?
(30秒以上止めないこと)

男性
秒    肉体年齢
25秒以上 30代
20秒以上 40代
15秒以上 50代

女性
秒    肉体年齢
15秒以上 30代
13秒以上 40代
10秒以上 50代

 

思いつくままに(2367)

 投稿者:目宇出臼  投稿日:2017年10月18日(水)17時39分53秒
返信・引用
  学校で習った知識が、社会にでてほとんど役に立たないことは誰もが知っていることです。

しかし、学校が役にたたないだけでなく、社会を壊す元凶になっているといったらどうでしょう。
にわかには信じられないかも知れませんが、試験、試験で記憶力しかとりえのない人が評価され、官僚になり大企業に入る。そういう人が日本や、企業のトップになって、今社会はどうなってしまったか?冷静に考えると、今の日本は危機的な状況にあることがわかります。

今回は学校がどのように社会を壊してきたか・・・歴史も振り返りながら考えて見ましょう。
以下(http://homeshoolclub.blogspot.jp/2014/11/blog-post_26.html)より引用します。
?????????????
学校へは行く必要がないのじゃない。行ってはいけないのだ。
ダメな理由をいくつか挙げてみようか。
学校は基本的に成績でふるい分ける。成績は基本テストで評価する。素行や、人間性でも評価すると言うが、そういうものは個人(ほとんど場合先生)の主観であるから、テストのほうがまだ平等だと言えないことはない。
テストはたまたま勉強してきたところが出ることもある。大学受験にしてもしかりだ。テストの問題は先生や教科書をいかにそのまま覚えているかで評価すること。

歌がうまい
冗談がうまい、
絵がうまい、
サッカーがうまい
などは点数にならないので評価できないので、評価しない。評価されるのは基本記憶力だけである。記憶力も人間の持つ一つの能力ではある。でも、百もある能力のうちの一つでしかない。

事業をやっていると役に立つのは情熱と洞察力だ。記憶力は必要ない。覚えておかないといけないことはコンピュータにやらせた方が効率的だ。にもかかわらず人を評価するのに記憶力だけしかないから情熱も洞察力もない記憶力しかとりえのない人間が大学に行き、官庁や一流企業に入社する。そしてそういうやつが高級官僚や大企業の社長、銀行の頭取になる。

成績のいいやつは基本、発想力に欠けていることが多い。(すべてとは言わないが)そういう人間は独創性のある人間を理解できないからとても嫌う。そして、保身に走り、周囲に似たような人間を集めて満足する。これが日本を崩壊させているのだ
???????????-
大企業が次々と倒産の危機に陥り、3.11という未曾有の危機に直面して官僚も学者も無能さをさらけ出してしまった。これら全ては試験エリートが現実社会の問題に対して全く無力であることを示しています。
正解のある試験を解くのは得意でも、正解のない問題に挑み可能性に向かっていくことができないのは、学校での体験を見れは明らかです。
???????????-
歴史を振り返ってみよう。
明治維新後と太平洋戦争の後、日本経済が急成長したのは維新と戦争が学歴社会が崩壊したからだ。意欲のある若手が急激に社会の頂点に飛び出してきた。彼らが社会を根こそぎつくりかえ世界が目を見張る急成長をさせた。それが50年、70年たち若手だった人は退場する。

明治の元勲たちが世を去り、戦後は松下幸之助や本田宗一郎が世を去り、入れ替わり学歴で入社してきた秀才たちが支配層に入る。そうなると井深や本田などの天才が会社に入っても潰される
そして、戦前は無謀としか言えない太平洋戦争に突入し、戦後はバブルで思い上がった末に崩壊した。

明治の元勲が死の間際に日本の行く末を心配したそうだが、結局、誰も止められなかった。
シャープが液晶工場の失敗で倒産寸前になって、社長が立て続けに変わった。
高橋社長は静岡大学大学院工学研究科の修士課程卒
水嶋副社長は大阪大学大学院物質創成専攻博士後期課程卒
大西常務執行役員は大阪大学経済学部卒
彼らは首を並べて失敗の原因を考えた。
彼らのだした結論は
「会長、社長になると神様になる。その人たちをきちんと補佐するには、下から意見を言えるようになっていなければならない」

「10年前からヒット商品がなぜ出ないのか。これが今日の不振を招いていると我々も思っています」。
水嶋は人材の質が低下したとはみていない。むしろ昔よりも平均的に知的能力の優れた人材が多く入社しているはずである。ユニークで面白い製品が生まれなくなったのは、やはり企業風土が変質したからだとの見立てだ。「上から言われたことをコツコツやっているだけでは駄目なんです。天の声の影響が末端まで広がっているというのが我々の認識です」。

そもそもこの認識が間違えている。
上も下も知的能力の優れた人材で固めていることが原因なのだ。
ユニークな製品が生まれないのは、ユニークを抑圧する学校教育で優秀な成績を上げた知的な人たちが会社に充満していること、そのこと自体に問題があるのだ。端的に言えば「学卒採用試験制度」そのものに問題があるのだ
学校が現在の成績重視で、企業も学歴と入社試験でふるいわけている限り日本の将来は見えてこない。学校があるから、子どもと将来の日本はは不幸になるのだ。
?????????????
せめて高校までは、大学までは・・・と学歴に対する信仰はいまなお残っていますが、現実の社会ではこの学歴信仰が企業を潰し、社会を破滅に導いてきたのが事実なのです。
学歴信仰はすでに崩壊した。これからの時代はいかに学校の暗記教育から脱し、好奇心・追求心を失わずに社会に向かっていく力をつけるかが最大の課題。学校にいかず自ら学ぶ道を選ぶ人たちが、これからの社会の担い手になっていくのもそう遠いことではないのかも知れません。
 

思いつくままに(2366)

 投稿者:目宇出臼  投稿日:2017年10月17日(火)18時19分51秒
返信・引用
  ラスベガス銃乱射事件でダメージを受けるのは、豊富な資金を武器にアメリカ議会に強い影響力を有している全米ライフル協会の支持を得ているトランプ大統領。

この協会は退役軍人、国や家族を守るために銃を保持することはアメリカ建国以来の伝統と考える保守派の白人など愛国者が多く、戦争好きとは全く反対の存在だ。

また銃撃されたコンサートは保守派のあつまるカントリーミュージックだった。また、この支持層は、ワシントンの政策により煮え湯を飲まされている存在とも重なる。

そして、オバマ時代は銃規制の方向だったが、トランプは銃規制反対の政策で全米ライフル協会の支持を得たことが当選の大きな理由になっている。

このような経緯で、今回事件は、トランプの支持基盤を崩し、かつ、アメリカの愛国者から武器を取り上げることで暴動を抑えるなどの効果を期待して、銃規制の世論を形成していくためのディープステートによる偽旗テロ事件と考えられる。

/////////////////////////////////////////////////////////////////
ラスベガス銃乱射事件の銃撃犯らはアンティファのメンバー! リンク

アンティファとはアメリカで暴力的な破壊活動を行っている自称反ファシストの極左の武装集団(テロ集団)です。彼等はグローバル・エリートに雇われた集団であり、エリートのアジェンダを促すために様々な破壊活動を行っています。現在、アメリカでは白人至上主義団体 対 反トランプのアンティファ及び黒人の極左テロ集団のブラックライブズマターなどの対立構造ができており、アメリカ各地で衝突、暴動が起きています。

ただし。。。白人至上主義団体もアンティファなどの極左テロ集団も背後では同じ連中が操っているのが分かります。なぜなら、衝突現場で、アンティファのメンバーの中に白人至上主義の活動家がいたことが目撃されたからです。これらの極左 対 極左の衝突の構図は、オバマ、ヒラリー、ソロスを含むディープステートが仕組んだアメリカ破壊工作であり、NWOのアジェンダの一環だと思います。

以下のビデオでは、ラスベガス銃乱射事件の銃撃犯として伝えられたスティーファン(スティーブン)・パドックはアンティファのメンバーだったと伝えています。さらに、オバマとヒラリーはアンティファに巨額の活動資金を援助していたことが明らかになっています。

しかし次の記事では、ステファン・パドックの知人が彼は銃撃犯ではないと断言しています。

これらのことから、今回の事件もアメリカを破壊したいNWOエリートやディープステートが仕組んだ偽旗テロ事件であり、彼等が支援するテロ組織の一つのアンティファを使って大量殺人を行った可能性が高いと思います。実際に(クライシスアクターではなく)多くの人々が殺害されてしまったとするなら。。。。本当に恐ろしいことです。

NWOエリートやディープステートの偽旗事件が益々過激になり残虐性が増しています。彼等はアメリカを実際に破壊することにしたのでしょうか。アメリカが破壊されれば、西側諸国全体が大変なことになると思います。

ネット上では、今回のラスベガス銃乱射事件の真相が次々に明らかになってきています。NWOエリートやディープステートの計画が全て暴露されています。

ネット上に掲載された情報を参考にすると、

銃撃犯とされたステファン・パドックは反トランプのデモに参加したリベラル左翼だったことは確かだと思います。パドックがアンティファのメンバーとして活動していたのかどうかは分かりませんが、多くの目撃者の証言では彼がいた32階の部屋から銃乱射が行われていなかったようですので、彼が犯人だというのは嘘だと思います。彼は事件の直前に殺害され死体だけ部屋に置かれたのだと思います。そしてアンティファのメンバーらがホテルの別の階から銃乱射を行ったのでしょう。

アンティファや他のテロ組織を支援しているのは民主党であり、ディープステートであり、オバマでありソロスでありヒラリーです。彼等はアメリカのキリスト教徒を標的にしており、次はトランプだと言っているそうです。
 

思いつくままに(2365)

 投稿者:目宇出臼  投稿日:2017年10月16日(月)19時30分25秒
返信・引用
  子供の交友関係って気になりますよね?
親はどんな関わりかたをしたらいいのでしょうか。

リンク からの引用です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

子供の頃、「○○ちゃんと遊んではダメよ」と親に苦い顔をされても、隠れて仲良く遊んだ友達はいましたか? 親が考える「理想的な友達」と子供が考える「理想的な友達」はちがいます。子供の社交能力の発達について研究した結果、子供の「友達をはかる物差し」は年齢別によって異なることが確認されました。

大人が考える友達とは、大雑把に言えば、「困っていたら助けてくれて、信頼できて、自分を裏切らない人」「いろいろ話あえて、わかりあえる人」ではないでしょうか? しかし、就学前の子供を観察すると、ときには「どうしてあの子と遊びたいの?

」と理解できないことも。

独の育児誌『Eltern Family』によると、コブレンツ大学の心理学者Jurgen Wagner氏が年齢別に子供の社交能力を調査したところ、年齢によって「友達の定義」がちがうことが明らかになりました。

同心理学者は子供に「親友の定義」を質問し、年齢別に最も多かった答えをピックアップ。

3歳から5歳までの子供が「君はぼく(私)の友達、なぜなら...」とあげた理由は、「私のことをぶたないから」「ケンカしないから」「わけてくれるから」「(女の子)いつもピンクの(または可愛い)ものを着ているから」「(男の子)強いから」。

就学前の子供は「身の安全」「平穏」「物欲」「女の子らしさ」「男の子らしさ」という「外見」が基準になっているようです。

6歳から8歳は「一緒に過ごす時間が多いこと」「他の友達よりも私と遊んでくれる」が最も大切な要素であり、大人の「友達の定義」に近づくのは、なんと11歳以降でした。

子供の社交能力は、今日明日で発達するものではなく、長い時間をかけながら様々な経験を通して、発達していきます。親はあせらず、我が子の眼力を信じて、友達選びにはあまり干渉しないほうがよさそうです。
 

思いつくままに(2364)

 投稿者:目宇出臼  投稿日:2017年10月15日(日)17時21分16秒
返信・引用
  今回の衆議院選挙、民進党が瓦解し、希望+維新+元民進勢力が自公と票を分ける展開が大衆の興味を惹くかもしれないが、その後の大団円が透けて見えるので白々しさが漂っている。
そもそも大義のない解散総選挙、政権は揺るがない。これまでどんな展開になろうとも「集計操作」という裏技が行われてきた。「民主主義」などはじめから無かったというべきか。


ブログ「原発問題」2014-06-05記事
リンク
******************************

【不正選挙】ついに来ました!「偽の票を書いた」と告白!!

創価学会員の方が選挙で偽票を書いたとネット上で告白!!
裏社会の滅亡はさらに現実的に。

ついに来ました!

ついさっき、裏社会の滅亡は近いと書いたばかりでしたが、ついに創価学会の信者の方が、不正選挙のために偽の票を書いたとリチャード・コシミズ氏のブログに告白のコメントを書かれた模様です。
もしこのコメントが本物であれば、これは大きな社会的な前進になります。そして、裏社会はますます後退を余儀なくされるでしょう。
以下がそのコメントの内容です。どうぞ心してご覧下さい。

(以下、リチャード・コシミズブログより転載)
2014/6/2 16:09

私は創価学会員で今言われている不正選挙を手伝った一人です。
私は日中戦争を非常に怖れています。私達創価学会員は戦争は絶対に反対です。
私達が行った不正選挙で自民党政権が出来てそして日本の右翼化と戦争への道を開いたことを非常に悔やんでいます。

私達は地区の拠点で選挙の票の名前書きをしました。そして安倍政権が誕生しました。公明党も勝利しました。

今、集団的自衛権が取り沙汰されていますが、私にはその意味は判りません。

私は幹部の言われるままに地区の拠点で選挙の票の名前書きをしました。これが戦争に繋がるとは考えてもいませんでした。 私だけでなく他の地区の拠点で選挙の票の名前書きをした人達もこれが戦争に繋がるとは考えてもいませんでした。

幹部の人は「これは池田先生の直々の命令だ。これは絶対に秘密にしておくように」と言っていました。だから、私達はそれを行いました。そして今まで秘密にしていました。 ここまでで良いでしょうか。 どこに投稿して良いのか分かりませんが、ここに投稿したら良いと聞きましたので、ここに投稿します。

匿名希望

(転載ここまで)

このように一人が告白をすれば、今まで告白したくても怖くて告白できなかった人までもが勇気をもらって告白する……というプラスのスパイラルが働く可能性が大いにあります。

過去の選挙で何度も不正選挙が行われてきただろうことは、様々な方がブログやYouTubeなどでその状況証拠を提示してこられましたが、実際に不正選挙に手を貸した方による告発は今までのところ一度もありませんでした。

そのため、いくら不正選挙が行われたに違いないと告発しても、決定的な決め手に欠けるところがありましたが、こうして実際に不正選挙に手を貸した方が告発をして下されば、誰もその事実を疑うことはできなくなります。

もちろん、裏社会はその告白を眉唾ものとして扱ったり、また告白した人の社会的信用を失墜させたり、あるいは暗殺したり、といった手に出ようとするかも知れませんが、逆に告白した方がそのような事態に巻き込まれるようなら、世の中の人々はかえってその方の話の信憑性を強く感じるようになります。裏社会が手を出せば出すほど逆効果になるというわけです。

裏社会の皆様、困ったことになりましたね。大いに狼狽えてください。

一応、念のため、過去に不正選挙が行われた状況証拠について、詳細が書かれたブログをここで幾つかご紹介しておきますので、参考までにご覧下さい。

○不正選挙の状況証拠が続々、もう止まらない!
 

思いつくままに(2363)

 投稿者:目宇出臼  投稿日:2017年10月14日(土)17時40分35秒
返信・引用
  ワシントン大学での発表・コップ一杯の水を夜飲むと空き腹を満たす。水不足は日中の疲れの一番の元となる。

一日コップ一杯の水は腰、関節の痛みに悩む80%の人達の辛さを僅かに和らげる効果がある。
僅か2%の水が体内に不足するだけで、瞬間的記憶に障害を起こし、計算、目にも障害を起こします。
一日コップ5杯の水を飲むだけで・・・がん45%、乳がん79%、腎臓がん50%が予防出来ます。
 

思いつくままに (2362)

 投稿者:目宇出臼  投稿日:2017年10月13日(金)18時22分11秒
返信・引用
  もはや電磁波が天体・物質・生物に多大な影響を与えることは明白になってきている。そういった中、太陽系でもっとも影響力の高い天体=太陽の動向を我々は社会を捉える上でも決して無視することは出来ない。

「今年最大規模の太陽からの磁気嵐の直撃の渦中にある地球」
リンク
本日は、私としては遠出にあたる外出をする予定がありまして、短い記事となるのですが、ひとつ書いておきたいと思っていたことがありまして、実は今、この地球は「ものすごい磁気嵐」に見舞われているのです。

原因は太陽黒点ではなく、現在、太陽の表面に出現している巨大なコロナホールという「暗黒のコロナ噴出エリア」の影響だと思われます。

日本時間で昨日の太陽の状態は以下のようになっています
おそらく上下の長さは 100万キロ級のものだと思われます。
その磁気嵐のマックスぶりは、たとえは、下は NICT の宇宙天気状況ですが、「地磁気攪乱の予報」が最大となっていまして、こういうのを見るのは、なかなか珍しいです。
先ほど、コロナホールの長さが 100万キロメートルくらいと書きましたのは、正確でもなんでもない数字なのですが、今より前の最大級のコロナホールの時と大体同じくらいかなと思った次第で、そう書きました。

それは、今年 3月の後半のことで、下はその時の太陽です。この時も、

・太陽の表情が急変:表面には100万キロの長さのコロナホールが出現すると共に、半月の間「ゼロ」だった黒点が唐突に急増し、地球は現在、磁気の嵐にふきさらされている最中
 2017/03/29

という記事でこのことをご紹介しましたが、なぜ、こういう地磁気の極端な乱れの時に、それを記事にするのかといいますと、簡単に書けば、

「その時期に世界が荒れやすい」

からです。

この今年の3月の時は、3下旬から4月の第1週くらいにかけて現在と同じようなコロナホールの拡大と、地磁気の乱れ(今ほどひどくなかった気がしますが)かありました。その頃、どんなことが起きていたのかは、大まかなところでは 2017年 – Wikipedia などを見ますと、下のようなことがあった頃でした。

3月30日から4月7日頃の地磁気が攪乱していた頃に起きていたこと

・3月31日 – 韓国の検察が同国第 18代大統領・朴槿恵を逮捕

・4月3日 – ロシアのサンクトペテルブルクの地下鉄で、爆発が発生( 2017年サンクトペテルブルク地下鉄爆破テロ事件)

・4月5日 – 北朝鮮が、弾道ミサイルとみられる飛翔体 1発を日本海方面に向け発射

・4月6日 – アメリカ合衆国・トランプ政権が、シリア空軍基地に対しトマホーク巡航ミサイル 59発での攻撃を行う

・4月7日 – スウェーデンの首都ストックホルムでトラックが暴走し、通行人4 人が死亡( 2017年ストックホルムトラックテロ事件)

・4月9日 – エジプト・タンタで爆発、21人が死亡、40人以上が負傷。数時間後にアレクサンドリアでも爆発、少なくとも 11人が死亡。

テロが多いでしょう。

トランプ大統領が、シリアにミサイル攻撃をおこなったのもこの時でした。

こういうことになりやすいから、またなるというものではないですが、黒点の多い時と同様に、どうやら人間は地磁気の攪乱に影響を受けやすいようです。

あと、事故も増えます。病気も増えます……というように念仏じみた感じで「〇〇も増えます」と並べられるほど、いろいろと増えることが多いです。

この9月は、

・1990年以来27年ぶりに強力な「 X 9.3 」の太陽フレアが突然噴出される。コロナ質量放出が地球方向へ進行している可能性。影響は現時点では不明
 2017/09/07

などで取りあげました、X 9.3 の太陽フレアが 9月 6日に発生し、それと共に自然災害、あるいは政治経済において、国際情勢において、いろいろな事象が立て続けに起きています。

その延長線上に、この「極端な地磁気の乱れが到来した」ということで、皆さんもお気を……いや、お気をつけ下さいなどと書いても、何をどう気をつけていいのかわからないのが現実です。

しかし、政治や経済のことはともかく、地震を含めた自然災害も、現在、環太平洋火山帯が非常に激しい活動の中に入っていまして、あり得ると思います。

テロや戦争・・・これは何とも言えないですが、先ほどの3月の例のように「いろいろと起こりやすい」とは言えそうですし、そのお膳立ても整っているのが現状です。

いろいろな意味で、騒がしい時期は続きそうです。

 

思いつくままに (2361)

 投稿者:目宇出臼  投稿日:2017年10月12日(木)15時42分25秒
返信・引用
  これは私が小学校5年生だった時の話です。(ブログより転載しました)

私には妹がいて、当時小学3年生でした。
仲良し姉妹の私たちは、学校が終わるとたいてい2人で家の前で遊んでいました。

その日も2人でバトミントンをしていたのです。
時期的に蚊が多くて、ふと虫よけスプレーをしていないことに気がついた私たちは、家に戻って玄関から
「ママ、虫よけスプレー持っていくね!」
と声を掛けました。
すると玄関横のトイレから
「いいよー」
と声が聞こえたので、何の違和感もなく虫よけスプレーを取って再び遊び始めました。

それから約10分後、ママが車で帰ってきました。
しかしさっき家の中のトイレから返事があったので、ママが車で帰ってくるはずがありません。
一気に鳥肌が立った私達2人は、血相を変えてママのもとに駆け寄りました。

事情を説明すると「何言ってるの」とあきれられましたが、確かに私たちは2人で同時にトイレの中から誰かの声を聞いたのです。
何の変哲もない自分の家のトイレが、一気に怖い場所へ変貌しました。
すぐに3人でトイレに行って中を確認しましたが、誰もいません。
妹と何度も確認しましたが、ちゃんと「いいよー」とはっきり言ったはずだと認識は一致していました。

恐怖からトイレには常に2人で一緒に行くという日々が続いていましたが、日々の生活でだんだんとその恐怖も薄れていきました。
半年ほどたった頃でしょうか。
2人で留守番をしていると、妹がトイレに立ちました。
私はテレビを見てリラックスしていると、妹が青ざめた顔をして戻ってきました。

「お姉ちゃん、トイレのカギがかかってるよ!」
慌てて走ってきたようで、妹はドアの角に体をぶつけたようです。
右肩をかばうように左手で押さえながら、震える声で妹が言いました。目はうるんでいました。
いつもは怖がりの私ですが、妹と2人しかいないこの状況と、妹かおびえている姿を見て奮起し
「大丈夫、行こう。」
とはっきり言って、トイレへ向かいました。

ドアノブを回そうとすると、確かに鍵が掛かっています。
家のトイレの鍵なので、簡単に解除することは可能でしたので、2人で何とかしてドアを開けました。
やはり中には誰もいません。
ドキドキしながら2人で立ち尽くしていると、玄関から声が聞こえました。
「ただいまー」
それはママの声でした。

よかった、ママが帰ってきた。
今日のこともすぐに話さなければ。
2人で「おかえり!」と勢いよく玄関に飛び出しました。
しかしママの姿はどこにもありません。
また出たんだ。そう思いました。

私たちはとうとう泣き始めました。
どちらか1人が聞いただけなら、気のせいだったと言えたでしょう。
しかし私たちは2人とも、同じ時間に同じ声を聞いたのです。
もう家にいられなかった私たちは、近くの公園に行って友達にこのことを話しました。

信じてくれる人は1人もいませんでしたが、話していて自分でも怖くなり鳥肌が止まりませんでした。
ひたすらママの帰りを駐車場で待ちました。
車が到着すると急いで駆け寄り、2人で競うようにこの話をしました。
するとママから思いもよらない話が返ってきました。

実は今までもトイレで物音がしたり、鍵がかかってしまったりしたことはあったが、子供たちを怖がらせたくなかったので黙っていたというのです。
その出来事の後、妹はたびたび金縛りに苦しめられることになりました。
私は妹に比べて、そういったものを感じ取る力が弱かったのか、それとも最初からターゲットが妹だったのかはわかりません。

妹によると、黒い塊が複数見えるということでした。
今では私達姉妹は結婚して家を出ました。
妹は自分の家を建ててそこに暮らし始めてからは、金縛りにあうことがなくなったそうです。

あの時の声が頭の中から離れず、今でも時々思い出しては鳥肌が立ちます。
 

レンタル掲示板
/277