teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


2011年5月6日「地球暦ワークショップ」諫早にて開催

 投稿者:まなてぃメール  投稿日:2011年 5月 5日(木)10時36分14秒
返信・引用
  「ぐるぐる暦」のお手本になった「地球暦」を制作されている杉山開知師匠による
「地球暦のワークショップ」を諫早で5月6日(太陰太陽暦・卯月四日・立夏)に開催いたします。
是非ご参加、および関心のある方々に参加を呼びかけていただけたら幸いです。
ご協力をよろしくお願いします。

2011年5月6日(金)

〈昼の部〉午前11時00分~午後3時00分
     (昼休憩 午後12時30分~1時30分)

〈個人セッション〉午後3時15分~ 限定2名

〈夜の部〉午後6時30分~午後9時30分

※〈昼の部〉と〈夜の部〉の内容は同一です。

【会 場】本野ふれあい会館(諫早市上大渡野町2-1)

【参加費】ワークショップ3,000円
     個人セッション7,000円/1時間

【主催】暦の会
【お申し込み・お問い合わせ】
TEL 090-1514-0145(把野)
または TEL 090-2084-0898(アカシ)

第一部 『太陽、月、地球の三位一体で織りなす暦の基本』
 “二十四節気”と“朔弦望”、これがわかれば、暦がわかる!
 宇宙を見るのではなく、宇宙の方から見た地球の動きで、理解する太陰太陽暦。

第二部 『円盤に乗り、太陽系を旅する、時空間地図』
 地球暦を広げて、実際にマップの上で、今日の太陽系を見てみます。
 簡単なピンの挿し方から、惑星感覚や、周期の秘密など、円盤を使った思考方法。
 日本語で話す、暦の用語など。

番外編 『私は、どんな星のもとにうまれたの?』
 太陽系の惑星は、調和系という天然の時計の針として、精密に時を刻んでいます。
 地球暦のマップと惑星シールを使って、誕生日から出生時の太陽系を作ってみます。
 あなたが生まれた日は、どんな印象なのでしょうか?

【すぎやま かいち師匠プロフィール】
 1977年12月26日生まれ。静岡在住。太陽系の時空間地図「地球暦」制作者。日本を含む古代太陽信仰の暦を研究し、2008年これまでの暦の概念を超えた地動説の暦「地球暦」を開発。各地で普及セミナーを行う。半農半暦の生活をする二児の父。
 
 

マヤ暦の新年について

 投稿者:やまぼうし  投稿日:2010年 7月25日(日)16時00分43秒
返信・引用
  いよいよ明日から「赤い倍音の月」の年が始まりますね!
その新年に関して佐世保の音屋さんのKennyさんが資料をUPされていたので了解を頂いてこちらにも掲載しときます。

http://mixi.jp/show_friend.pl?id=2705814&from=navi

<<<<<参照>>>>>
グレゴリオ暦の7月26日は、1年に4回ある大陽の南中時刻の変化のポイントにあたっています。
ちょうど7月26日前後は、それまで遅くなっていた南中時刻が早まる、切り換えのポイントにあたっているのです。
また、研究者は、7月26日を、シリウスの伴日出(ヘリアカル・ライジング/太陽の日の出とともに特定の恒星が地平線に姿を現わすこと)と結びつけています。
古代エジブトなどでは、このシリウスの伴日出が毎年のナイル河の氾濫時期と一致しており、それを1年のはじまりにした暦を使っていたとされています。
事実、マヤやエジプトにかぎらず、この時期を1年の始まりとしていた古代の暦が世界の各地で知られています。
 

6月28日 インディアンナイト!

 投稿者:やまぼうし  投稿日:2010年 6月21日(月)22時35分8秒
返信・引用
  さて、一週間後となりましたが28日(月)の8時より
日本に落とされた2個の原爆を予言したドキュメンタリー映画「ホピの予言」と
冨田貴史さんのインディアンフルートとライアー(※)のミニコンサートを開催したいと思います。
会場はいつものトモトモ邸(感謝!)です!! 会費は 1500円

インディアンフルートとホピ族を取材した映画の豪華2本立て!!の「島原インディアンナイト」に
皆様お誘いあわせの上お越し下さい!!

〔参考〕

ランド・アンド・ライフ - 映画「ホピの予言」・ホピ物語などを紹介
http://www.h6.dion.ne.jp/~hopiland/

また、この秋ホピ水氏族出身のルービン・サウフキーさんが日本へ向けられた緊急メッセージを携えて
葉山から沖縄まで全国4ヶ所を巡ってシンポジウムやワークショップを催されるようです。

「アナンダラバ」 http://uhnungdalawva.com/index.html


※【ライアー】  は弦楽器である。本来は古代ギリシアの竪琴(撥弦楽器)を意味するものであったが、後に形態の近いいくつかの楽器をこの名で呼ぶようになった。(Wiki)
(ジブリの「千と千尋の神隠し」の主題歌「いつも何度でも」で木村弓さんが爪弾いているあの楽器だそうです!)
 

「原発よりも命の海を!」

 投稿者:やまぼうし  投稿日:2010年 3月14日(日)08時59分14秒
返信・引用
  広島のハチの干潟を守り抜いた岡田和樹くんが、上関原発に反対するハンスト72時間を続行し後3時間ほどで貫徹できそうです!頑張れ~!!

↓そのブログの中で暦のタカさんを発見!!リレートークで訴えておられました!!

http://ameblo.jp/nonukes-hunst/
 

Re: 2月28日『暮らし・子育てにつながる暦の話&SandyTripミニライブ』が開催されます

 投稿者:アカシメール  投稿日:2010年 2月28日(日)22時12分51秒
返信・引用
  > No.12[元記事へ]

今日は話が滑った、コケた、ぼやけた、迷走した……アカシです。

イベント自体は無事終了しました。
ありがとうございまず。

SandyTripのライブ、短い時間でしたが素晴らしかった♪ 120点!!

座談会、素敵なゲスト同士がこの場で初顔合わせで新しい繋がりができた。
素敵なお話が聞けた。
ただ時間が押したということでちょっとだけ減点して90点!

問題は、ボクだ。今日の話の出来は0点。
みなさん、すみませんでした。

http://www.manateeweb.net/

 

2月28日『暮らし・子育てにつながる暦の話&SandyTripミニライブ』が開催されます

 投稿者:暦職人・只宵亭雲剋斎メール  投稿日:2010年 2月15日(月)19時45分26秒
返信・引用
  ○2010年2月28日(日)(旧暦睦月十五日)午後1時30分~午後3時40分

『暮らし・子育てにつながる暦の話&SandyTripミニライブ』

○会場○シビックホール(長崎市常盤町1-1 AIGビル1階)

○プログラム○
  午後1時30分~ 『暮らし・子育てにつながる暦の話』アカシヤスユキ(30分)
  午後2時00分~ 『SandyTripミニライブ』(30分)
  午後2時40分~ 『月でつながる座談会』(1時間)

○参加費○500円(資料代として)※予約制

○主催○NPO法人インフィーニティー

○お問い合わせ・お申し込み○TEL 095-822-8161

太陽が指揮するオーケストラ
 地球と月のリズムに合わせて
  生き物たちが奏でるシンフォニー
 醸し出される音色がひとつの糸でつながるような
  暦という時間のハーモニー

時間のルールってどうやって組み立てられたのでしょう。
その成り立ちを見つめ直してみると、時間に追われ、寒暖の変化に振り回されがちの日常から解放され、家族、人間同士はもとより、この星の生き物みんなが手を取りあって生きている、そんな温かい感覚がしてきます。

アジアから伝わってきて、過去に日本でも使われ続けた太陰太陽暦。
その暦では、一年のスタート(旧正月)が立春の近くの新月の日。
今年は、今の暦(グレゴリオ暦)でいえば2月14日。
旧正月は中国にとって最も重要な祝祭日「春節」。長崎ではランタンフェスティバルでおなじみですね。
それから15日後、2月28日は、元宵節(げんしょうせつ)。この日は、天の精霊が空を飛ぶのを見ることができると信じられてきました。
シビックホールも床がヒノキになりリニューアル♪
そして「育MEN'S倶楽部ながさき」結成記念も祝して!
そんな素敵な節目に『ぐるぐる暦』込められた“想い”を読み解いていきましょう。

偶然か?必然か?イラストの原画を受け取り『ぐるぐる暦』の制作の過程でSandyTripの『海きらら』のメロディが気持ちよくシンクロしてきました。
そんなご縁で、ミニライブもお願いしました。

座談会では、スペシャルゲストとして月の美術館館長ヤマサキユズル氏、NPO法人長崎県天文協会事務局長田中千鶴氏をお招きいたします。加えて『ぐるぐる暦』の絵の作者であり、シビックホール運営責任者でもある野口美砂子さんにも参加していただき、暦や月や自然やいのちに関して語っていきたいと思います。
みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

http://www.manateeweb.net/

 

Mixi「こよみ日記」

 投稿者:やまぼうし  投稿日:2010年 1月 8日(金)15時58分43秒
返信・引用
  Mixiの方に「こよみ日記」というコミュがありますよ、とタカさんから教えてもらいました。
紹介もよろしくとの事でしたので、興味のある方は参加してみてください!!

http://mixi.jp/view_community.pl?id=1453174
 

「銀河の活性化の正門」について

 投稿者:やまぼうし  投稿日:2010年 1月 8日(金)11時11分37秒
返信・引用
  KIN170 白い磁気の犬 〔目的、統一する、引き付ける、ハート、愛する、忠実〕

もう、門の内も過ぎた8日ですが、本年も宜しくお願い致します。
昨年、兼平さんから「銀河の活性化の正門」についての質問に冨田さんから返答があり、携帯のメアドに直接送付できなかったので、ついでにこちらにUPし皆でシェアすることにしました!暦のタカさんありがとう!!
~~~~~
兼平さん

冨田貴史です。

>突然申し訳ありません
>先日の島原のワークでお世話になりました兼平です。
>やまぼうしさんよりメールを頂いたのですが、わからないことがあり尋ねたらタカさんに聞いてみるといいですよと、アドレスを教えて下さいました>のでメールしました。

大変応答が遅くなり申し訳ありませんでした。

もう質問の旬が過ぎてしまったかもしれませんね。。
ごめんなさい。


>質問は25日の日に
 >>KIN126〔白い太陽の世界の橋渡し〕の日→今日からの10日間は連続した「銀河の活性化の正門(ポータルデイ)」
 >>に挟まれた特異日の始まりです!

>ということを教えて頂いたのですが、この特異日というのはどういう事なのでしょうか?教えて下さい

分かる範囲でお答えします。

この特異日は「銀河の活性化の正門」や「銀河の活性化の門」「GAP KIN(ギャップキン)」と呼ばれる日で、
ツォルキン260日の中に、その5分の1にあたる52日間あります。

黒(場合によっては緑)に色どられた日です。

GAP KINのGAPは「Galatic Activation Portal」の略称で、「銀河の活性化の正門」と同義です。

「銀河の活性化の正門」でグーグル検索をかけてみると、色々な方がブログなどで説明をされています。

一例をあげると、、

・ブログ「soundcoaching」より

http://ameblo.jp/soundcoaching/entry-10411743723.html

※銀河の活性化の正門・・・

特別な活性化のエネルギーがあなたを通して流れ、地球がそれらを受け取るためにあなたを通して地球の次元に入ることを創造者であるフナブ・クに頼んでいる。これらのエネルギーの導管となることは、あなたの存在を活動的に開く効果がある。

その他、この方のブログも分かりやすかったです。

・ブログ「Mano a mano」

http://homepage2.nifty.com/manoamano/articles/diary/kin108.html

フナブ・クは、銀河の中心という意味もあり(13の月の暦手帳の表紙の中央にある陰陽のようなマークがフナブ・ク)で、
銀河の創造主であり、銀河の中心であり、フナブ・クは僕たちすべての存在の中にも存在するスピリットであると解釈できます。

このフナブ・クを通じて、僕たちひとりひとりの存在はつながり、共鳴・共有をしているんですね。

また、僕自身は、銀河の活性化は自分自身の意志によって生じるものとして考えています。

誰かが活性化してくれる(誰かがGAPの日を特別なものにしてくれる)のではなく、
自分自身が「今日は銀河とのつながりを活性する」と意図することによって、それが起こるのだと実感しています。

例えば「今日はGAPの日なので、いつも以上にインスピレーションを大事に過ごしてみよう」
と意図することで、偶然の一致のような出来事が起こったり、内面的な気付きがうまれり、
そのようなプロセスや、心の状態に対して、より意識的になってみる日にしてみたり。

簡単に言うと、そうやってメリハリを付けることで、自分の直感を使う、感じ取るトレーニングをすることで、自分の中の時間意識や、メッセージを感じとる感性を育てる助けになります。

そして、不思議なことに、実際に、例えばKIN106~115やKIN146~155のようなGAPが10日間続くようなときに、大きな気付きを得たり、濃厚な日々に突入したりします。

これはおそらく、「自分が受け入れた現実が、そのまま目の前に立ち現れる」という引き寄せの法則も働いての事でしょうし、
ホゼ・アグエイアスだけでなく、世界中に存在する「13の月の暦」ユーザーが受け入れている現実が共鳴して、そのような現実を引き起こしているのでしょうし、同時に、(あるとすれば)260のサイクルに共鳴する宇宙の法則自体が、そのような状況を引き起こしているのかもしれませんね。

また、「GAPの日に生まれた日は特別」とか「GAPの日は特別」と言った時の「特別」を「優劣」と履き違える方がいますが、

それは間違いです。

銀河に優劣はありません。優れた存在、劣った存在はなく、ツォルキンでいえば、すべてがひとしく重要です。

繰り返しますが、260のうちの52がGAPというのは、メリハリ、波のようなものです。

例えば地上から水面を眺めた時、その水面が全く揺れていなかったら、水面があることすら気付きません。

つまり、「そこに水がある」「これが水である」という現実にすら、気付きません。

揺れるからこそ、気付きます。

静かな水面に1滴のしずくを落としたときに、波紋が生まれ、その波紋の存在を通じて「ここに水がある」と気付きます。

その波紋の模様が、水という存在に気づかせてくれます。

ちょうどGAPは、この「波紋」のようなものだという説明をしてくれた方がいて、僕は大いに納得をしました。

波紋は確かに特別な存在ですが、波紋の部分も、波紋になっていない部分も、等しく水です。

GAPは、時間の素晴らしさに気付かせてくれる存在になりえますが、他の日より素晴らしい・優れている、という日であるわけではない、
ということを、以上のようにたとえてみると、僕には分かりやすかったです。

どうでしょうか。

参考になればと思います。

上述したブログの著者の方々のように、使う方々ひとりひとりの感性で自由に解釈できるのが、13の月の暦であり、それが、自由をベースとした本来の時間です。

どうぞ、楽しんで使ってみてください。
 

ぐるぐる暦について

 投稿者:まなてぃ  投稿日:2010年 1月 7日(木)01時04分8秒
返信・引用
  > No.7[元記事へ]

まなてぃの暦職人・只宵亭雲剋斎ことアカシです。

> 追伸
> まなてぃの暦、今年の名は『ぐるぐる暦』。
> 紙製、布製(綿100%)、パネル貼りの3種類用意しています。
> 『月の巡り』卓上暦も引き続き販売しています。
> ご用命をお待ちしております。

ウェブショップ「まなてぃの店」でも注文の受付を開始しました。
是非ご利用ください。

http://www.manateeweb.net/eccube/html/

 

3月2日 暦ワーク!

 投稿者:やまぼうし  投稿日:2009年12月25日(金)17時15分50秒
返信・引用
  KIN156*黄色い宇宙の戦士*(存在、持ちこたえる、越える、知性、問う、大胆さ)の日

先日の「親睦会」に参加されたかたはお楽しみさまでした!!

さて、暦のタカさんから来年春のワーク開催日程調整のメールがありました。
第一希望:3月2日火曜日 第二希望:2月23日火曜日

まだ決定ではありませんので、皆様のご都合等こちらにお知らせ願えれば幸いです。

あっ!今日はグレゴリオ暦のクリスマスだった Happy Xmas!!  
 

レンタル掲示板
/2