teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:28/1659 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

花が小さいノハラムラサキ?(2020年5月30日)

 投稿者:植村修二  投稿日:2020年 8月23日(日)11時07分4秒
  通報 返信・引用 編集済
   私は、豊中市にある『花とみどりの相談所』に週2日勤務し、花壇作りなどを経験しながら技術を習得していく『緑化リーダ-育成講座』を担当しておりますが、今年は3月から6月まで、新型コロナウイルスのため、受講生が来ない状態がずっと続きました。

 そのため、管理が手薄になっている部分もあり、そのような場所で、普通なら抜かれていた植物が開花・結実まで育っておりました。

 画像はそういった植物の1つで、ノハラムラサキMyosotis arvensis ( L.) Hill?と同定しました。普通のノハラムラサキより花は小さく、花色は、青色を帯びない白色です。

 この花壇では、一昨年、園芸植物のワスレナグサ ’ドワーフブルー’を植え付けており、おそらく、その「こぼれダネ」から生えてきたと思います。

 長田先生の『原色日本帰化植物図鑑』(保育社)には、「現在ワスレナグサの名で広く栽培されるものはノハラムラサキにはなはな近く、花が大きいこと以外にはほとんどちがいがみられない。」との記述があります。

画像 花が小さいノハラムラサキ?
( 大阪市豊中市、2020年5月30日、植村修二撮影)

 
 
》記事一覧表示

新着順:28/1659 《前のページ | 次のページ》
/1659